写真

 10月23日、東芝は2018年3月期連結業績について、当期純損益を従来予想2300億円の黒字から1100億円の赤字に下方修正すると発表した。写真は東京本社の同社ロゴ。2月に撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京23日ロイター]-東芝は23日、2018年3月期連結業績について、当期純損益を従来予想2300億円の黒字から1100億円の赤字に下方修正すると発表した。 東芝メモリの売却による税額影響約3400億円を織り込んだため。この結果、17年度末の株主資本は従来予想の4100億円のマイナスから約7500億円のマイナスに拡大する見通し。 東芝は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング