写真

 11月17日、南北軍事境界線上にある板門店から韓国に亡命した際に重傷を負った北朝鮮兵士の体内から発見された寄生虫は、孤立する北朝鮮を長年苦しめている栄養不足や衛生面の問題を露呈した、と専門家は指摘する。写真は8月、板門店で撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

JoshSmithHyonheeShin [ソウル17日ロイター]-南北軍事境界線上にある板門店から韓国に亡命した際に重傷を負った北朝鮮兵士の体内から発見された寄生虫は、孤立する北朝鮮を長年苦しめている栄養不足や衛生面の問題を露呈した、と専門家は指摘する。 亡命の際に銃撃され、重傷を負った脱北兵士の手術を行ったLeeCook-jong医師は15日、兵士の命を救うため行われた一連の手術で、消化器官から摘出された寄生虫数十匹の写真を会見で公開。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング