写真

<description role="descRole:caption"> 10月22日、メルケル独首相(写真)は、サウジアラビア人の反体制記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑について、「奇怪な事件」だと非難し、真相が明らかになるまでサウジへの武器輸出を全面的に停止すると表明した。写真はベルリンで21日撮影(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke) </description>

[オルテンベルク(ドイツ)22日ロイター]-メルケル独首相は22日、サウジアラビア人の反体制記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された疑惑について、「奇怪な事件」だと非難し、真相が明らかになるまでサウジへの武器輸出を全面的に停止すると表明した。 メルケル氏は28日の西部ヘッセン州議会選挙を前に開かれた集会で「真相を解明すべきだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング