写真

 7月23日、中国外務省の華春瑩報道官は23日の会見で、香港で続いている「逃亡犯条例」改正案に反対するデモについて、背後に米当局者がいると主張し、関与を止めるよう要求した。21日撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[北京23日ロイター]-中国外務省の華春瑩報道官は23日の会見で、香港で続いている「逃亡犯条例」改正案に反対するデモについて、背後に米当局者がいると主張し、関与を止めるよう要求した。また、米政府が、同国の対イラン制裁に違反してイラン産の原油を輸入したとして、中国国営の石油会社、珠海振戎に制裁を発動したことに強く反対すると述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング