写真

 10月24日、韓国の半導体大手SKハイニックスが発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比93%減の4730億ウォン(4億0468万ドル)と、過去3年間の最低水準に落ち込んだ。写真は韓国ソンナム市で2016年4月撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル24日ロイター]-韓国の半導体大手SKハイニックスが24日発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比93%減の4730億ウォン(4億0468万ドル)と、過去3年間の最低水準に落ち込んだ。 スマートフォン向けメモリーチップの価格下落が響いた。リフィニティブ・スマートエスティメートがまとめた営業利益の予想平均は4180億ウォンだった。 同社は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング