写真

 9月22日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、中国が米国との次期通商協議をとりやめ、劉鶴副首相を翌週ワシントンに派遣しない見通しだと報じた。写真は米中の国旗。北京で6月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[上海22日ロイター]-米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、中国が米国との次期通商協議をとりやめ、劉鶴副首相を翌週ワシントンに派遣しない見通しだと報じた。 同紙が関係筋の話として伝えたところによると、劉副首相の訪米に先立ち次官級代表団がワシントンを訪問する予定だったが、訪問はとりやめとなった。

トピックスRSS

ランキング