写真

<description role="descRole:caption"> 6月24日、メイ英首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選で決選投票に進んだハント外相(写真)は、対立候補のジョンソン前外相について、英国の欧州連合(EU)離脱について公の場での直接討論を避ける「臆病者」だと述べた。写真はロンドンで撮影(2019年 ロイター/Simon Dawson) </description>

[ロンドン24日ロイター]-メイ英首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選で決選投票に進んだハント外相(52)は24日、対立候補のジョンソン前外相(55)について、英国の欧州連合(EU)離脱について公の場での直接討論を避ける「臆病者」だと批判した。 ハント氏は「直接討論に出席しないのは臆病だからだ」と述べ、スカイテレビでの直接討論の機会をジョンソン氏が断ったのは無礼だったとの考えを示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング