日経600円超の下落、長期金利も低下 世界経済減速懸念=東京市場

ロイター / 2019年3月25日 9時51分

[東京25日ロイター]-週明けの東京市場は、前週末NY市場で株安・ドル安・米長期金利低下が急速に進んだことを受け、日経平均は一時、600円を超す下落となった。ドル/円は110円付近で推移。長期金利は2016年9月以来となるマイナス0.090%に低下した。世界経済の減速懸念が東京市場でも広がっている。 日経平均は前営業日比359円93銭安の2万1267円41銭で寄り付き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング