写真

 3月25日、米ボーイングは737MAX型機の商業運航再開を目指す中、27日に開く説明会に200人以上の航空機パイロット、技術指導者、規制当局者を招いたことを明らかにした。写真は737MAX型機。ワシントン州レントンにある同社工場で21日撮影(2019年 ロイター/Lindsey Wasson)

[シンガポール/アディスアベバ25日ロイター]-米ボーイングは737MAX型機の商業運航再開を目指す中、27日に開く説明会に200人以上の航空機パイロット、技術指導者、規制当局者を招いたことを明らかにした。 説明会の開催はボーイングによるソフトウエアのパッチ(修正プログラム)が完成に近付いていることを示唆しているものの、規制当局の承認が依然必要となる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング