写真

4月24日、日本の10連休中に外国為替市場で相場が一瞬で急激に動く「フラッシュクラッシュ」が起きるのではないか、と世界各地の投資家が警戒感を強めている。写真は日米英の紙幣。2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[シドニー24日ロイター]-日本の10連休中に外国為替市場で相場が一瞬で急激に動く「フラッシュクラッシュ」が起きるのではないか、と世界各地の投資家が警戒感を強めている。市場参加者が減って流動性が細った際に、フラッシュクラッシュが発生しやすいからだ。 新天皇即位の祝日などが追加されたため、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング