写真

<description role="descRole:caption"> 4月24日、イランのザリフ外相(写真)は、トランプ米大統領がイランとの戦争を望んでいるとは思わないが、対イラン強硬派のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)などによって紛争に誘い込まれる可能性があるとの見方を示した。写真はニューヨークでインタビューに際して撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri) </description>

[ニューヨーク24日ロイター]-イランのザリフ外相は24日、トランプ米大統領がイランとの戦争を望んでいるとは思わないが、対イラン強硬派のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)などによって紛争に誘い込まれる可能性があるとの見方を示した。 ニューヨークのイラン国連代表部で行われたロイターとのインタビューで語った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング