写真

4月25日、スリランカで21日に発生した連続爆破事件による死者数はこれまでの359人よりも100人近く少ないことが政府高官2人の話で明らかとなった。コロンボの爆発現場近くを警備する兵士(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[コロンボ25日ロイター]-スリランカで21日に発生した連続爆破事件による死者数はこれまでの359人よりも100人近く少ないことが政府高官2人の話で明らかとなった。 スリランカの保険当局幹部はロイターとの電話インタビューで「(死者は)250人か260人の可能性がある。正確に言うことはできない。部分的な遺体が多く、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング