写真

 6月25日、米国で市民権を得たクラフトビールが、日本でも存在感を増している。写真は2017年8月、都内で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京25日ロイター]-米国で市民権を得たクラフトビールが、日本でも存在感を増している。ビール類市場が14年連続で縮小する中で、販売量は過去4年間で70%増加。大手ビール会社も取り扱い店舗を急増させている。個性のあるクラフトビールは、画一的な国内ビール市場の象徴とも言える「とりあえずビール」の注文パターンを切り崩せるのか。ボリュームゾーンの中高年世代には安く酔いたいというデフレ心理もあり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング