写真

 6月25日、サイバーセキュリティー会社サイバーリーズンは、世界の通信会社十数社のシステムがサイバー攻撃に遭い、個人や企業のデータが大量に盗み出されたことが過去9カ月間に判明したとし、これまでの中国による攻撃との関連性を指摘した。写真は2017年5月撮影(2019年 ロイター/Kacper Pempel)

[テルアビブ25日ロイター]-サイバーセキュリティー会社サイバーリーズンは25日、世界の通信会社十数社のシステムがサイバー攻撃に遭い、個人や企業のデータが大量に盗み出されたことが過去9カ月間に判明したとし、これまでの中国による攻撃との関連性を指摘した。 ハッカーらは30カ国以上で企業のシステムに侵入、政府や司法当局の職員や政治家らの情報を入手しようとしたという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング