写真

メキシコの首都メキシコ市の今年1-5月の死者数が、過去4年間の同時期の平均を8072人上回っていることが研究者の調査で分かった。写真は5月21日、サン・アントニオ・プエブロ・ヌエボで撮影(2020年 ロイター/Gustavo Graf)

[メキシコ市25日ロイター]-メキシコの首都メキシコ市の今年1-5月の死者数が、過去4年間の同時期の平均を8072人上回っていることが研究者の調査で分かった。 新型コロナウイルスの感染拡大が原因となった可能性がある。 保健当局の発表によると、メキシコ市の新型コロナによる死者は1655人。当局は実際の死者数が発表よりも多いことを認めているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング