三菱電機の今期営業益計画+1.6%、常務「中・韓向け回復難しい」

ロイター / 2019年4月26日 16時5分

[東京26日ロイター]-三菱電機は26日、2020年3月期の営業利益について前年比1.6%増の2950億円を予想していると発表した。FA(工場の自動化)事業など主力の産業メカトロニクス部門は引き続き減益予想となるが、情報通信システムや家庭電器などが利益を下支えする。 会社予想はリフィニティブが集計したアナリスト21人の予測平均値3077億円を下回る。 会見した皮籠石斉常務はFA事業について「上期は中国・韓国向けの需要回復はなかなか難しいが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング