[ジュネーブ26日ロイター]-国連のカラマール特別報告者は26日、週末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会談(サミット)で、各国の指導者がサウジアラビアに対し、ジャマル・カショギ記者殺害事件の「完全な責任」を取るよう働き掛けることが重要という認識を示した。 ムハンマド皇太子率いるサウジ代表団との二国間会合で、各国が議題にすべきことについて記者団に問われ答えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング