北朝鮮、ボルトン米大統領補佐官を「戦争狂」と批判=KCNA

ロイター / 2019年5月27日 13時2分

[ソウル27日ロイター]-北朝鮮外務省は、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が北朝鮮の最近のミサイル発射は国連安全保障理事会の決議違反だと結論付けたことは誤りで、「戦争狂」の発言だと批判した。北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。 KCNAによると、外務省当局者は声明で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング