写真

 1月27日、米上院で開かれたトランプ大統領の弾劾裁判で、大統領弁護団のケネス・スター氏(写真)が陳述を行い、トランプ氏罷免への反対を表明したほか、弾劾裁判が政争の具になっているなどとして弾劾裁判そのものへの疑問を呈した。2009年3月5日、サンフランシスコで撮影(2020年 ロイター/Paul Sakuma)

[ワシントン27日ロイター]-米上院で開かれたトランプ大統領の弾劾裁判で27日、大統領弁護団のケネス・スター氏が陳述を行い、トランプ氏罷免への反対を表明したほか、弾劾裁判が政争の具になっているなどとして弾劾裁判そのものへの疑問を呈した。 スター氏は、1998年のクリントン大統領(当時)の弾劾訴追につながる調査を行ったことで知られる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング