写真

 3月29日、中国国家衛生健康委員会の米鋒報道官は、新型コロナウイルスの国内感染は「基本的に止まった」ものの、海外から持ち込まれる事例が増加していると指摘し、感染拡大の第2波のリスクを警告した。写真は湖北省武漢で、防護服を着て歩く男性。28日撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[武漢(中国)29日ロイター]-中国国家衛生健康委員会の米鋒報道官は29日、新型コロナウイルスの国内感染は「基本的に止まった」ものの、海外から持ち込まれる事例が増加していると指摘し、感染拡大の第2波のリスクを警告した。 海外からの入国者の感染は累計693人となっており、同報道官は「感染の新たな波の可能性は依然として比較的高い」と述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング