写真

 6月30日、欧州連合(EU)域内への必要不可欠ではない渡航を可能とする「安全リスト」に米国が盛り込まれていないことが、3人の外交筋の話で分かった。写真は6月29日、ニューヨークのラガーディア空港で撮影(2020年/Brendan McDermid)

[ブリュッセル30日ロイター]-欧州連合(EU)域内への必要不可欠ではない渡航を可能とする「安全リスト」に米国が盛り込まれていないことが、3人の外交筋の話で分かった。リストは30日に公表される見通し。 同筋によると、EUは域外14カ国に対し、観光・出張目的の渡航を7月1日から大筋で認める方針。14カ国は日本、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング