おいしくない…近年CM事情 高額ギャラも企業不祥事で“2次被害” 仮想通貨流出騒動で出川がやり玉、ベッキーは復帰後初出演の不動産会社が1000億円トラブル

夕刊フジ / 2018年3月17日 16時58分

売れっ子の証しでもあるCM出演。一方、タレントは企業イメージを壊さないためにも身辺に気をつけなくてはならない。ところが最近は、クライアント側の不祥事で、タレントが“2次被害”を受けることも。「お気の毒」としか言いようがないが、“炎上社会”と呼ばれる今、CMに起用されるのもオイシイことばかりではないようだ。仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円とも言われる仮想通貨「NEM」が流出した騒動は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング