神保町レンタルCD店「ジャニス」閉店で「タモリ倶楽部」“空耳アワー”存続の危機!?

夕刊フジ / 2018年11月21日 16時53分

CD不況がまさかこんなところにまで…。長寿バラエティー「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)の名物コーナーである「空耳アワー」。洋楽の歌詞がまったく違う日本語に聞こえるという“空耳”の面白さを扱った、このコーナーが存続の危機にさらされているという。16日放送の同番組で衝撃の事実が明かされた。これまで番組の下調べを支えてきた東京・神田神保町にあるレンタルCD店「ジャニス」が11月いっぱいで閉店することになったのだ。「空耳アワー」は1992年7月3日放送分から現在の「空耳アワー」という名で放送されている。洋楽の歌詞が聞きようによっては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング