写真

ブラジル・リオデジャネイロの複数の市場で販売されていた食肉の検査の準備をする専門家ら(2017年3月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】ブラジルで食肉の安全性をめぐる不正問題が発覚したことを受けて20日、主要市場である中国が輸入を一時停止し、欧州連合(EU)も一部禁輸を要求するなど、影響は拡大する様相をみせている。さらに同じ南米のチリもブラジル産食肉の輸入を一時停止すると発表し、両国の貿易関係に亀裂が生じる懸念が高まっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング