W杯予選で「悪夢」に襲われたオランダ、ブリント監督を解任

AFPBB News / 2017年3月27日 9時14分

【AFP=時事】2018年サッカーW杯ロシア大会(2018WorldCup)欧州予選のブルガリア戦に0-2で敗れ、本大会出場が遠のいたオランダが、ダニー・ブリント(DannyBlind)監督を解任した。 フース・ヒディンク(GuusHiddink)前監督の後を継いで2015年7月に代表の指揮官に就任したブリント監督だが、25日のアウェーゲームに敗れたことで予選グループAの4位に後退し、首位フランスとの勝ち点差が6に開いていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング