錦織、マイアミOP16強も反省 リード時の試合運びに課題

AFPBB News / 2017年3月27日 9時36分

【AFP=時事】テニス、マイアミ・オープン(MiamiOpen2017)の男子シングルスでベスト16入りを決めた錦織圭(KeiNishikori)は、26日に行われたフェルナンド・ベルダスコ(FernandoVerdasco、スペイン)との3回戦後、先にリードしながらも自身のミスで相手に隙を与えた展開に反省を口にした。 錦織本人が「難しい試合になるのはわかっていた」と振り返ったように、この日は第2セットを逆転で奪われる苦しい展開。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング