写真

イスラム過激派とみられる武装集団の襲撃を受けたマリの首都バマコ東郊のリゾート施設に入る憲兵ら(2017年6月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加、更新)西アフリカ・マリの首都バマコ(Bamako)近郊にある外国人観光客に人気のリゾート施設が18日、イスラム過激派とみられる武装集団の襲撃を受け、少なくとも2人が死亡した。容疑者らは「アラーアクバル(アラビア語で神は偉大なりの意)」と叫んで攻撃に及び、一時20人ほどを人質に取った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング