写真

ドイツ北部ハンブルクで開かれた20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)の関連会合で握手する米国のドナルド・トランプ大統領(左)と中国の習近平国家主席(右、2017年7月8日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】複数の米政権関係者は12日、ドナルド・トランプ(DonaldTrump)大統領が14日に中国の知的財産権侵害をめぐる調査を米通商代表部(USTR)に指示する大統領令に署名すると明らかにした。対中制裁につながる可能性もある。 トランプ大統領は、米国の技術開発者や技術関連企業が中国の法律や政策、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング