パイロット200人が「病欠」で100便欠航、破産申請の独エア・ベルリン

AFPBB News / 2017年9月13日 15時30分

【AFP=時事】破産申請したドイツ2位の航空会社エア・ベルリン(AirBerlin)が12日、「非常に多くの」パイロットの病欠により約100便の欠航を余儀なくされた。同社は救済協議に対する妨害行為だとしてパイロットらを非難した。 トーマス・ウィンケルマン(ThomasWinkelmann)最高経営責任者(CEO)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング