写真

ドイツ西部デュッセルドルフの空港で、エア・ベルリンのカウンターに群がる乗客ら(2017年9月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】破産申請したドイツ2位の航空会社エア・ベルリン(AirBerlin)が12日、「非常に多くの」パイロットの病欠により約100便の欠航を余儀なくされた。同社は救済協議に対する妨害行為だとしてパイロットらを非難した。 トーマス・ウィンケルマン(ThomasWinkelmann)最高経営責任者(CEO)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング