写真

マレーシア・クアラルンプールで、生徒ら24人が死亡する火災が起きたイスラム神学校(2017年9月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】(更新、写真追加)マレーシアの首都クアラルンプール(KualaLumpur)にあるイスラム神学校で14日、火災が発生し、警察発表によると生徒22人と教師2人が死亡した。当局は「過去20年で国内最悪規模の火災」と話している。 現場はクアラルンプール中心部にある「タフィーズ・ダルル・クルアーン・イティファキヤ(TahfizDarulQuranIttifaqiyah)」。夜明け前に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング