アジア山岳氷河の暗い未来、2100年に「3分の1以上消失」 気候研究

AFPBB News / 2017年9月14日 14時8分

【AFP=時事】地球温暖化によって今世紀末までに、アジアの山岳氷河の氷質量の3分の1以上が失われるとの研究結果が13日、発表された。これにより、淡水を氷河に依存している数百万の人々に悲惨な結果がもたらされるという。 英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された論文によると、これは地球の気温上昇幅が産業革命前の水準から1.5度未満に抑えられるとする仮定に基づいた「最良」のシナリオだという。気温上昇幅が3.5度、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング