カラシニコフ氏の銅像、モスクワでお披露目 「AK47」を設計

AFPBB News / 2017年9月20日 12時54分

【AFP=時事】ロシアの首都モスクワ(Moscow)で19日、世界各地で広く使用されている自動小銃「AK47」の設計者、ロシア人の故ミハイル・カラシニコフ(MikhailKalashnikov)氏の銅像の除幕式が行われた。ロシアの当局者やロシア正教会(RussianOrthodoxChurch)の聖職者らが出席した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング