中国高速鉄道、最高時速350キロに 死亡事故以来6年ぶり

AFPBB News / 2017年9月21日 18時3分

【AFP=時事】中国の高速鉄道は21日、首都北京(Beijing)と上海(Shanghai)を結ぶ区間の最高速度を、6年ぶりに時速350キロに引き上げた。 同国では2011年7月、浙江(Zhejiang)省温州(Wenzhou)付近で40人が死亡する事故が発生したことを受けて、時速300キロを上限とする速度制限を設けていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング