写真

女子テニス、天津オープン、シングルス2回戦。リターンを狙うマリア・シャラポワ(2017年10月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】女子テニス、天津オープン(2017TianjinOpen)は12日、シングルス2回戦が行われ、元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(MariaSharapova、ロシア)は7-5、6-3でマグダ・リネッテ(MagdaLinette、ポーランド)を下し、準々決勝に駒を進めた。 禁止薬物のメルドニウム(Meldonium)を摂取して15か月の資格停止処分を受け、今年4月にツアー復帰を果たした30歳のシャラポワは、四大大会(グランドスラム)通算5勝の実力者でありながらも現在の世界ランキングは86位まで後退しており、今大会にはワイルドカード(主催者推薦)で出場している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング