ニジェールで武装集団が憲兵隊を襲撃、13人死亡 米兵奇襲は村長が共謀か

AFPBB News / 2017年10月22日 14時23分

【AFP=時事】不穏な情勢が続くニジェール南西部で21日夜明けごろ、憲兵隊が武装グループに襲撃され、憲兵13人が死亡した。マリと国境を接する同地域ではイスラム過激派による襲撃が相次いでおり、4日にも米軍とニジェール軍の合同パトロール隊が待ち伏せ攻撃を受け8人が死亡している。 襲撃があったのは首都ニアメー(Niamey)の北西200キロほどにあるティラベリ(Tillaberi)州のアヨル(Ayorou)。国防省のアマドゥ・サンバ・ガガラ(AmadouSambaGagara)報道官は「アヨルの憲兵隊が車やオートバイに乗った正体不明の武装分子らが実行したテロ攻撃を受けた」と国営テレビで発表。暫定的…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング