豪騎手が暴れた馬を殴打、「不十分すぎる」処分に非難の声

AFPBB News / 2017年11月9日 11時12分

【AFP=時事】オーストラリア人ジョッキーのディラン・カボシュ(DylanCaboche)が8日、レース直前に落ち着かなかった騎乗馬を殴ったことで、2週間の資格停止処分を科された。 22歳のカボシュは同日、オーストラリア南部の町ポートリンカーン(PortLincoln)で行われたレースのゲート入り直前に自身の騎乗馬が前脚を上げると、馬から降りて腹部を殴る瞬間がテレビでとらえられた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング