米軍内部の性的暴行、4年で2万件以上 国防総省が報告書

AFPBB News / 2017年11月18日 15時31分

【AFP=時事】米国防総省が17日に公開した報告書で、2013年からの4年間に米軍施設で性的暴行が疑われる事件が2万件以上起きていたことが明らかになった。 国防総省の性的暴行予防・対策室(SAPRO)が作成した報告書は、2013~16年度の間に軍で起きた性的暴行の疑いがある事件について詳細に述べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング