NASA、次世代気象衛星「JPSS-1」の打ち上げに成功

AFPBB News / 2017年11月19日 12時36分

【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)は18日、気象予測の精度向上をめざした次世代気象衛星「JPSS-1」を米カリフォルニア(California)州のバンデンバーグ空軍基地(VandenbergAirForceBase)からロケットに搭載して打ち上げた。 JPSS-1の打ち上げは1度目は強風、2度目は技術的な問題により、これまで2度延期されていたが、米ロケット打ち上げ合弁企業「ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)」のロケット「デルタ2(DeltaII)」が18日午前1時47分(日本時間同日午後6時47分)、バンデンバーグ空軍基地からJPSS-1を搭載して打ち上げられた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング