性的虐待まん延の米体操界、新たに五輪金メダリストが被害告白

AFPBB News / 2017年11月22日 12時17分

【AFP=時事】米国の女子体操選手で五輪金メダリストのガブリエル・ダグラス(GabrielleDouglas)が21日、自身も過去に同国体操連盟(USAGymnastics)の元チームドクターから性的虐待被害を受けていたと告白した。 ダグラスは先週、同連盟の元チームドクターで現在20件以上の性的暴行罪に問われているラリー・ナサール(LarryNassar)被告からの性的虐待を告白したレイズマンを名指しで批判。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング