写真

国際キャットショーに登場した猫たち(2017年11月18日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」の急騰をよそに、バーチャルな子猫を育てるのが一部の仮想通貨ユーザーの間で今、大ブームを巻き起こしている。 ビットコインの主要なライバルの一つである仮想通貨プロジェクト「イーサリアム(Ethereum)」の利用者らの心を奪っているのは、20年前に日本で発売された卵型のデジタル携帯ペット「たまごっち(Tamagotchi)」を連想させる仮想の猫育成ゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング