ISからシリアを「完全解放」 ロシアが宣言

AFPBB News / 2017年12月8日 5時0分

【AFP=時事】ロシアは7日、シリアをイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の支配から解放する作戦の完了を発表した。一方で国連(UN)は、領土上の勝利は政治的解決が伴わなければ不完全だと警鐘を鳴らしている。 ロシア軍幹部のセルゲイ・ルドスコイ(SergeiRudskoi)氏は「シリアにはISIL(ISの別称)の支配下にある村や地区は一つもない。シリア領土はこのテロリスト組織の戦闘員から完全に解放された」と発表した。 だがシリア内戦を監視している在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(SyrianObservatoryforHumanRights)」は7日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング