写真

南アフリカ・ヨハネスブルクのショッピングモールで、急進左派野党「経済的解放の闘士」のメンバーが乱入した後のスウェーデンのアパレル大手「へネス・アンド・マウリッツ」店舗(2018年1月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】黒人の少年をモデルに起用したスウェーデンのアパレル大手「へネス・アンド・マウリッツ(H&M)」の広告が人種差別的だと非難されている問題で、南アフリカでは13日、抗議する人々がヨハネスブルク(Johannesburg)および近郊のH&M店舗に押しかけ、一部では店舗を荒らしたり商品を略奪したりしたため警察が制圧に乗り出す事態となった。 問題となっているのはH&Mがウェブサイトに掲載した「COOLESTMONKEYINTHEJUNGLE(ジャングルで一番クールなサル)」とプリントされた緑色のパーカーを着た黒人少年モデルの写真。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング