ミサイル飛来を想定、都内で戦後初の避難訓練 近くで抗議集会も

AFPBB News / 2018年1月22日 15時53分

【AFP=時事】東京都文京区で22日、弾道ミサイルの飛来を想定した避難訓練が行われ、近隣住民およそ250人や会社員らが参加した。都内で同様の訓練が行われるのは第2次世界大戦(WorldWarII)後で初めて。近くでは訓練に反対する抗議活動も行われた。 東京ドームシティ(TOKYODOMECITY)では「ただいまミサイル発射情報が発表されました。屋外にいる方は落ち着いて近くの建物や地下道に避難してください」というアナウンスが放送された。職員が「ミサイルが発射されました」と走りながら呼び掛ける中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング