治安部隊や監視カメラ、放射線対策も 朝鮮半島有事に備える国境地域 中国

AFPBB News / 2018年1月24日 13時18分

【AFP=時事】中国は朝鮮半島の有事に備え、北朝鮮との国境沿いで新たな監視カメラの設置や治安部隊の増強、放射線検出器の稼働といった対策を強化している。 鴨緑江(YaluRiver)を挟んで北朝鮮と国境を接する主要な交易の中継地、遼寧(Liaoning)省丹東(Dandong)市では、国境沿いの柵に掲げられた赤い横断幕に、冷戦(ColdWar)時代をほうふつとさせる住民向けのメッセージが記されていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング