シリア政権、化学兵器保有を否定 仏大統領は空爆を警告

AFPBB News / 2018年2月15日 9時11分

【AFP=時事】シリアのファイサル・メクダド(FaisalMekdad)副外相は14日、同国政府の化学兵器の保有を否定するとともに、そうした兵器の使用は「不道徳で受け入れられない」と述べた。国営シリア・アラブ通信(SANA)が報じた。 シリアのバッシャール・アサド(Basharal-Assad)政権による化学兵器の使用疑惑をめぐっては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング