イスラエル首相、イランを痛烈非難 「無人機の残骸」掲げ

AFPBB News / 2018年2月19日 6時29分

【AFP=時事】イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ(BenjaminNetanyahu)首相は18日、ドイツのミュンヘン安全保障会議(MunichSecurityConference)で行なった演説でイランを名指しし、イランとシリア内に居る「代理人ら」による攻撃を痛烈に非難した。 ネタニヤフ首相は壇上で長方形の金属片を振りかざし、「ここにイランの無人機の一片、と言うよりはその残骸がある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング