ワニに襲われた漁師、上半身のない遺体で発見 フィリピン

AFPBB News / 2018年2月22日 13時0分

【AFP=時事】フィリピン南西部パラワン(Palawan)島に近いバラバク(Balabac)島でカニ漁をしていた漁師がワニに襲われ、上半身を食べられた状態の遺体で発見された。現地の警察当局が21日、明らかにした。バラバク島ではワニによる襲撃が増加しているという。 ワニに襲撃されたのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング