ティラーソン氏解任も「ロシアのせい?」 外務省報道官が皮肉

AFPBB News / 2018年3月14日 9時19分

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領が13日にレックス・ティラーソン(RexTillerson)国務長官を電撃解任したことについて、ロシア外務省のマリア・ザハロワ(MariaZakharova)報道官は「もうロシアのせいにし始めたのか?」とやゆするコメントを出した。 米国は、2016年の大統領選の期間中にロシアが民主党全国委員会(DNC)にサイバー攻撃を仕掛けたり、交流サイト(SNS)を通じて偽ニュースを流したりして干渉したと非難。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング