フィリピン首都で大型ホテル火災、3人死亡23人負傷

AFPBB News / 2018年3月19日 7時33分

【AFP=時事】フィリピンの首都マニラの大型ホテルで18日、火災が発生し、3人が死亡、23人が負傷した。当局が明らかにした。一部の宿泊客らは、濃い黒煙に包まれた建物の屋上からヘリコプターで救出された。 現場は、高層ホテルとカジノの複合ビル「ウオーターフロント・マニラ・パビリオン(WaterfrontManilaPavilion)」。18日朝の火災発生から9時間たった後も火勢は衰えず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング